カテゴリ:休みの日のおひる( 37 )

【番外編】2006年のおせち

b0006959_1735069.jpg

 毎年作っていると段々代わり映えがしなくなってきたのですが…(2005年のおせちもご参照下さい。ほとんど変わらない(^^;)、今年も作りました。おせち。 
 昨年とほぼ同じ顔ぶれのものばかりなんですが、マイナーバージョンアップポイントとしては
・伊達巻きも自家製
・だし巻きを梅型に成形
・きぬさやを矢羽根に飾り切り
・みりんで味を付けていた鶏の照り焼きにみりんを使わずに柚子茶を使用

…そんなところかなあ。

b0006959_1754647.jpg 一の重です。高野豆腐は昨年の残り(^^; さすが乾物だ、なんともないぜ!
 田作りではなく、網走の方からいただいた、わかさぎの甘露煮。これが美味しいの!



b0006959_176695.jpg 二の重です。鮎巻きは大阪の義母からもらったものです。ごちそうさまです。
 微妙にだし巻きが梅の形になっていることに注目して下さい(笑)。巻きすでまず丸く巻いて輪ゴムで固定。その輪ゴムの中に、菜箸を差し込んで、梅の形に成形しながら冷ますというものです。熱いうちならどんな形にもなります。
 鶏肉の照り焼きはレンジで作れます。お弁当のおかずにするときには、おしょうゆ:みりんを1:1にして、10分ほど漬けてから、レンジで表裏それぞれ5分ずつくらいチンするんですが、これを、今回は、韓国産の「柚子茶」(柚子ジャムみたいなもの)をみりんの分量に利用してみたところ大ヒット。柚子ピールのほろ苦い味がアクセントになります。同様に、オレンジマーマレードなどでやっても美味しいと思います。スペアリブなどにも良い漬け汁かも。
 ピンク色の梅のお花は、お大根です。昨年の夏に漬けた梅干しの副産物、梅酢を使いました。お大根を2cmくらいの高さにまず輪切りしてから、梅の形で型抜き。その型抜きしたお大根を、梅酢:お酢=1:1の漬け汁に3日ほど漬けて下さい。きれいに染まります。使うときには2mmくらいの薄切りにすると、ほのかに透明感があって彩りにとてもキレイ。年中重宝するのでご利用下さい。



b0006959_1762289.jpg 三の重。煮染めに入れようと思ってタケノコの水煮を買っておいたのに、入れるのを忘れた…不覚。まあいいや。また今度使おう。きんとんも自家製ですが、今年は「うらごしした状態で冷凍になっているさつまいも」を購入。ラクラクに作ることができました。何でも手間暇をかけることだけがいいことではないですしね。忙しい年末、適度に既製品の力も借りないと。

 ちなみに、いくつかのおせちレシピはこちらでも公開しています。どうぞご参照下さい♪
[PR]
by obento-diary | 2005-12-31 17:11 | 休みの日のおひる

出張のため、おやすみ

11/10〜12の間は、オットが奈良出張のため、お弁当はおやすみ。
[PR]
by obento-diary | 2005-11-10 10:39 | 休みの日のおひる

i子ふう焼きカレー

b0006959_14591727.jpg

ラッキーピエロの新メニュー「焼きカレー」にインスパイヤされて作りました。

なんてこたない、カレードリアです。
[PR]
by obento-diary | 2005-11-05 14:59 | 休みの日のおひる

たらこを買いに、鹿部へ。

aiko's optimal todayにも書きましたが、鹿部にお買い物に行ってきました。なので、今日のランチは、大沼のレストラン「ケルン」でハンバーグです♪

オットは、ベーコンチーズハンバーグ
b0006959_1965115.jpg


i子は、チーズハンバーグ
b0006959_1955425.jpg


デザートは、ピカタの森のジェラート。
b0006959_1961041.jpg


んー、おなかいっぱいー。ごちそうさまでした♪
[PR]
by obento-diary | 2005-10-09 19:09 | 休みの日のおひる

オーブンウェーブで鳥はむピラフ♪

b0006959_1854469.jpg

 前から欲しかった、タッパーウェア社製の「オーブンウェーブ」を購入したので、さっそくピラフを作ってみました。

 オーブンウェーブの何がすぐれてるかというと、-40℃から260℃まで使えるタフさ。つまり、冷凍したものをそのままレンジでチンして、さらにオーブンにかけることもできるんです。シールをしたらそのまま保存も可能。やっちゅー。

 今日は鳥はむとしめじのピラフを作りました。ダッチオーブンでも作ることはできるんですが、扱いのラクさは電子レンジ+オーブンに軍配。ダッチオーブンはダッチオーブンの良さもありますし、オーブンウェーブにはオーブンウェーブのよさもあります。適材適所で楽しもう。
[PR]
by obento-diary | 2005-09-10 18:06 | 休みの日のおひる

台風にて在宅。

b0006959_1635065.jpg

 台風直撃のため、「う」出勤を控え、自宅研修です。昼まで様子を見ていたのですが、雨風が強くなってきましたからねえ。行かなくて済むのなら出ないに越したことはありません。こういう時の被害って「自分だけは大丈夫」と思って外に出る人が被害に遭いがちですもんね…。

 というわけで、作り置きのカレーライスです。ジャガイモが大きいのはご愛敬。近所の幼稚園児が掘ったイモです。煮てるうちに崩れるかと思ったら全然崩れなくて逆にびっくりしました。

 あとは、お茄子のマリネ、冬瓜と油揚げのとろみ餡煮物、ほうれんそうとソーセージのソテー。なんか脈絡のない感じが、非常事態の雰囲気を醸していますねえ…。
[PR]
by obento-diary | 2005-09-07 16:03 | 休みの日のおひる

自家製ポテチをつくりました

b0006959_21355755.jpg

 aiko's optimal todayにも書きましたが、ポテチ専用品種のジャガイモを頂いたので、ポテチを作ってみました〜〜。

 普通に美味しかったです。普通にっていうのは、市販品と同じ味がした、ということです(笑)。
[PR]
by obento-diary | 2005-08-17 21:37 | 休みの日のおひる

お盆休み中で〜す

 8/7〜10は来客のため外食だったことと、ここ数日は世間一般がお盆休みなので、お盆休みがない「う」も、結構のんびりしています。なので、お弁当ではなく、家で二人で食べていたりもします。

 お弁当画像がなくてごめんなしゃい。来週あけくらいからは…といいたいところですが、8/24〜9/1は帰省するので、これまた不規則になるかもしれません。京都で美味しいものでも食べたら、携帯からアップすることはあるかもしれませんので、引き続きよろしくお願いいたします♪
[PR]
by obento-diary | 2005-08-11 10:08 | 休みの日のおひる

夏休み特別企画!おみそをつくろう

i子の家のお味噌はいつも手作りなんですが、その話をしたら、中学生女子から「作ってるところの画像をください」とのこと。なんでも家庭科の夏休みの宿題のレポートに使うんだって。「加工食品について」という壁新聞が課題らしい。なんて光栄なことかしら!というわけで、さっそく今日の仕込みをデジカメ撮影しました。

材料は、九州の「カネダイ」さんのお味噌造りセットを利用させて頂いています。(このお店の存在と、作り方を教えて下さったSさん、ありがとうございます!)今回は、生大豆1.5kg、こうじ4kg、天然塩600gの割合で作りました。その他に、準備するものは、上にふるための天然塩ひとにぎりと、容器やさらしを消毒するための焼酎、あれば便利なものは、圧力鍋、バーミックスorミンチマシン。

[つくりかた]
1)生大豆は一晩、たっぷりのお水につけて「もどす」。お豆は炊くと膨らむため、圧力鍋にかけるときには、鍋の高さの1/3までしか入れないこと。何度も分けて炊くと良い。強火にかけて、圧力鍋の振り子がふれたら3分くらい火にかけてから消火する。自然に圧力が抜けるまで待つ。

2)大豆が炊けるのを待つ間、「塩切りこうじ」をつくる。ボウルなどに、こうじと塩を混ぜ、手で両者が混ざるように、こねこねしておく。
b0006959_2131367.jpg


3)豆がゆであがったら、ざるに豆をあげ、ゆで汁はゆで汁で残しておく。だいたい1000mlほど残しておくと良いかな。豆は熱いうちに、バーミックスやすりこぎでつぶすか、ミンチマシンにかけてミンチ状にする。
b0006959_21322669.jpg


4)すりつぶした豆と、さまし汁が、手をつけてもぬるく感じる程度になったら(50度以下くらいが目安)、塩切りこうじとまぜまぜする。途中、ゆで汁も加えて、耳たぶの堅さくらいの堅さに練る。全部練れたら、手で丸め、ボール状にする。これを「みそ玉」と呼ぶ。
b0006959_21341100.jpg


5)焼酎を振って消毒した容器に、みそ玉を力一杯打ち付け、空気を抜きながら詰め込む。最終的に、表面をならすように、いっぱいパンチして中味の空気を抜く。中味に空気が残っていると、そこから雑菌が繁殖するのだ。
b0006959_21353677.jpg


6)表面をならし、自然塩をひとつかみほど均等にふりかけ(夏は多めの方が良いかも)、無漂白のさらしか、ガーゼを焼酎に浸したものを、その上からかぶせて、仕込みはおしまい。
b0006959_21363616.jpg

 冬だと、お部屋の暖かいところでねかせて3〜4ヶ月、夏だと、冷暗所でねかせて1〜2ヶ月ほどで食べられます。

 カビがはえるおそれは常に気をつけなければなりませんが、焼酎ガーゼをしていたら、カビがはえるのは表面だけになるとのことです。最悪、カビが発生したら、その部分だけへらで取り除き、また塩と焼酎を振って様子を見ましょう。みそ全体には影響しません。ちなみに、この材料の配合だと、こうじがたっぷり入っているので、いわゆる「天地返し」は必要ないそうです。

 大体週に1回前後、カビの有無のチェックも兼ねて、発酵具合を見ると楽しいです。皆さんも夏休みや冬休みのお楽しみとしていかがですか?ちなみに、お味噌を10kg作ったら、普通の家族の方だと半年分は持ちます。が!できあがったらつい嬉しくなって、どなたかに差し上げたくなってしまうのが困りもの(笑)。それくらい美味しいんですよ。

 我が家での定番おかずみそは、おみそ3:日本酒1:みりん1:砂糖1、をレンジにかけて、ぷつぷついったら、しそのきざんだのを混ぜる「しそみそ」です。
[PR]
by obento-diary | 2005-07-27 21:42 | 休みの日のおひる

お野菜を買いに

 地元の人からの情報で、市内〜隣町の境目のあたりに、通称「百均ロード」と呼ばれる、お野菜の直販のお店が並ぶ道路があると聞いて、でかけてきました。実りの秋とも言いますけれど、やっぱりお野菜が美味しいのは夏ですよね♪

 難なく見つかりました。さすが全品100円!
b0006959_1215321.jpg


b0006959_1221546.jpg 中には掘り出し物コーナーの50円もあります。


b0006959_1225498.jpg 看板犬のご接待。


b0006959_1231984.jpg ういやつ、ちこうよれ。


 この日の収穫は、大根(50円)、キャベツ(50円)、かぶ(100円)、インカのめざめ(100円)、とうきび(味来)(100円)。とうきびは地元の人曰く「8月中旬が一番美味しい」とのことで、まだ出始めの堅さがありましたが、でも初物は美味しい!

 ほかに、おつけものを扱うお店や、お花を扱うお店もありました。週末ごとにちょっくら通ってみよう。お野菜大好き!
[PR]
by obento-diary | 2005-07-23 12:00 | 休みの日のおひる